1. TOP
  2. 英文法
  3. 研究、be動詞!説明手法を43個まとめてみました。

研究、be動詞!説明手法を43個まとめてみました。

英文法  

「be動詞って何ですか?」と聞かれたら…

 

  • I’m Yukki. → be動詞
  • I’m carrying a backpack. → be+動詞の現在分詞(動詞+ing)で現在進行形だけど「be動詞」と言ってもOK?
  • Water bottle is in my backpack. → be動詞
  • There is a bird in this picture. →be動詞

  • I’m looking at a bird. →現在進行形。be動詞といえる?
  • A bird is standing on the bridge. →現在進行形。be動詞といえる?
  • I like birds. → 一般動詞(be動詞ではない)
  • They are cute. →be動詞

  • The bird is behind me. →be動詞
  • I think this bird wants to have a friend. →一般動詞
  • I didn’t know the bird was behind me. →一般動詞の過去形
  • The bird was behind me.→be動詞の過去形
  • This is a good picture. →be動詞
  • I like this picture.→一般動詞

 

↑be動詞の使い方を整理するために書いてみました!なんだかTOEICのPART1の問題みたいで楽しいですね(笑)

 

英語=勉強すればするほど、難しくなる

こんな感じで、be動詞ってとにかく使える動詞。学校の授業でも最初の最初に習ったりしますよね。状況・感想を伝えられる。それもかなりシンプルに伝えられる。というのが最大の魅力でありbe動詞の強みだと私は考えています。英語って覚えれば覚えるほど、いろんな文法や表現、があることに気付かされますよね。be動詞を覚えたら一般動詞、まずは現在形から始めて、過去形になるとどう変化するか覚える。次は助動詞、助動詞にもいろいろある。時制にもいろいろある。現在完了形とは?to不定詞って何?関係代名詞って?動詞の形容詞化??など本当にいろいろあります。a?the?冠詞って何?前置詞が違うとネイティブに言われた「〜で」は「at」じゃないの??など… 知っていることが増えれば増えるほど、整理しておくのがちょっと大変になってきますよね。型だけでなく、単語力も必要で、とにかく覚えることが多い!のに覚えたら使いづらくなる。

 

↓イメージとしてはこんな感じ…

「messy room」で画像検索したら出てきました(笑)

 

覚えてはいるけど、覚えたものがすぐ取り出せない。というか、部屋のどこのコーナーに置けば良いのか、じっくり考えているヒマもなく、ものだけが増えていき、結果この状況。これだと、とっさに出せなくて当然ですよね。逆に英語が聞こえてきたときだって「これか!」と照合できるまで時間がかかります。頭の中を部屋に例えるとイメージいただきやすいかと思います。スーツケース、とかでもいいですね。普段の鞄、お財布とかでもOKです。あれがぐっちゃぐっちゃだったら・・・?何がどこに入っているかわからなかったら、結構時間かかりますよね。

 

「be動詞」を理解したほうが良い、ある大きな理由

まさに、私はそんな状況だったのですが、そんな私の英語の部屋がSUPER整理されるきっかけとなったのが「be動詞」でした。まずbe動詞。とにかくbe動詞。be動詞とはなにか、がわかってからは、後の英語整理が一気にラクになりました。一番良かったのは、喋るのが怖くなくなりました。間違えるの怖い派、でした。「間違いを恐れるな!勇気を持って喋ろう!」と言っている人もいましたが、そうできないから困っていました。そこが、be動詞がわかったことによって、絶対に正解の英語というのがわかるようになったんですね。しかもこのとき気づいて意外だったのは、be動詞で大抵のことが説明できてしまう、ということです。学校で英語の授業が始まったとき、いつどのような説明を受けて習ったかも思い出せないほど、流れるように導入されていたbe動詞。だからあまり重要じゃないんだろう。be動詞=かんたん、だから、もっと難しく感じた、3単元のルールとか、時制、とかに目が行っていましたが、be動詞は重要だったなぁと今になって気付かされています。①まず、be動詞を使ってしっかりと英語を話す。それをやってみるとやがて ②be動詞では表しきれない、ほんのちょっとの気持ちの変化や、心の距離、相手への気遣い、しっかりと描写したい景色の流れ。などに気がついてきます。③そこで、それに合うものをひとつずつおさらいするような気持ちで英語に向き合え、いつの間にか「自分の話し方」が確立されて、要らない英語と要る英語の区別がはっきりしてきます。はっきりすると、無駄なことは覚えなくていい。必要なことへの興味は強くなる。英語学習への回り道も少なくなって、楽しく英語と向き合えるようになるんですね。

 

さっきの写真も、

◆ユッキー:

The bird is behind me.

This is a good picture.

 

◆話し相手のAさん:

Wow!

You two are so close together! →be動詞

Cute!

Where is it? →be動詞

Is it Bird Park? →be動詞

 

こんな感じで、be動詞だけを使って会話を成立させることができるんですね。be動詞はとにかく端的に、説明をしたり感想を述べたり、質問をすることに向いています。超・シンプルで使いやすい英語表現です。そして、会話をもっとふくらませるために一般動詞や、いろんな文法を使っていく。まずbe動詞ができれば、あと何が足りていないのか、どんな話し方をしてみたいかがはっきり見えてきます。

 

結論:be動詞って何?

be動詞が重要である理由は、何となくおわかりいただけましたか?ここからは結論編。結局be動詞ってなんなのか。一言で説明するなら何と言えば良い?この辺りを、①私が前々から抱いていた意見、②学習者の皆さまから寄せられたご意見、③私が使っている参考書の引用の3観点から考えていきたいと思います。

参考1:ユッキーの意見

↓2018年9月配信のユッキーメルマガより引用

 

・存在、状態を表すときに使う
(beは「〜である」「〜でいる」という意味)

・具体的に言うと、
「名前」「年齢」「職業」「家族」「出身」
「気分」「状態」「気持ち」「感想」「味」
などを説明できる

・自己紹介はもちろん、感想を述べるときに使える

・イコールでつなぐ役割

・主語が誰かによって形が変身する

・am、is、areの3つに変身する

・変わらないもの(事実など)に対して使う

そしてこの他、居酒屋さんで一緒に
お酒を呑んでいた友人、店主さんが
言っていたのがこんな言葉です。

・be動詞は「am」「are」「is」の3つ

・日本語でいうと「です」「ます」

・ちなみに、be動詞以外は“一般動詞”

・一般動詞は動くもの
(例)起きる、寝る、食べる、喋る など

・be動詞は動かない
(例)私は〜です、これは〜ですか?

また、私が例文として使ったのは

・You are cute.(口説きたい時)

・I’m 40.(年齢)

・Is this water?
(これ、お酒じゃないよね?水ですよね?
と確認したい時)

・This is _____ .(料理名を紹介したい時)

ほか、

I know you are right.
(I knowをつけると “僕は”を強調できる)
訳:他のみんなは間違ってるって言ってるけど、
僕は、君が正しいとわかってるよ。

I know  + (that) + You are right.

一般動詞(know)の後ろにくっつけて
使うこともできる

…などなど
つい、色々説明してしまいました。

 

 

参考2:学習者の皆さまから寄せられたご意見

9月配信のメルマガでのお題「be動詞、あなたなら何と説明しますか?」に対するご回答をご紹介させていただきます。たくさんお寄せいただき、本当にありがとうございました!!

 

いつも、ユッキーさんの英語に対する素直な姿勢に触れられることを楽しみにメルマガ拝読しています。
英語に対して全くの不勉強物で誠に恐縮ですが、“be動詞”について自分の思いが色々と広がりましたのでちょっと
誰かにしゃべりたくなり、返信いたしました。

私の“be動詞”に対する感覚は、やはり“=(イコール)”です。数式で使う“イコール”。
ところで話はちょっと飛びますが、アインシュタインだったかと思いますが、小学校の算数の授業で、1+1=2と先生が教えたら
彼は、1+1=1と言って譲らなかったそうです。彼の説明はこうです。
「一塊の粘土と一塊の粘土をくっつけて練ると大きな一個の塊になる」です。このエピソードには重要な数の概念が含まれています。
数をかぞえること、イコール、集合の要素の個数を数えること、のようなのです。一個と数えるということは、性状の区別をしてその存在を
人間が認識できたから個数として数えられるということなのです。これは、1+1=2を数学者たちがなかなか証明できず、やっと
たどり着いた証明方法が、“ 集合 ”だったということを自分が本で読んだときに理解したことです。
だから、先のアインシュタイン(もしかしたらエジソンかニュートンかも)の説明は‘ 粘土といういくらでもくっつく塊の集合 ’の要素としては、
1+1=1ですが、‘ 大きさ ’という概念も集合の条件に加えると、1+1=2となるわけです。

話を“be動詞”に戻しますが、“イコール”の左側の主語に対して、右側は、語り手の主語に対する概念が、名前なら左側の答えは、その名前、
色なら答えは色、人の性格や性質・能力なら答えは性格や性質・能力を表す形容詞(又は形容詞の着いた名詞)、人・物の状態なら答えはそれを
表す語が置かれるという感覚です。

 

このアインシュタインのお話、とても興味深かったです。このエピソードは複数形のルールのお話でも使えそうですね。例えば「people」という単語。peopleといえば「人々」で、People are〜で使うのが普通。だとされていますよね。でもPeopleでひとつのかたまりとして「集団」としてひとつ、のように捉えていればPeople is〜でもOK。それは間違いではない。という話し言葉のルールがあります。

 

私もユッキーさんのDVDを見始めたばかりです。

のデスがB動詞でしょ。笑

日本語で例えるとどの言葉が一致するかな?という観点で考えると「〜しています」が一般動詞で、「〜です」がbe動詞??とも思ってしまいがちなのですが、おそらくbe動詞は日本語に訳しようが無いのではないかなと私は考えています。

ちょっと考えてみたのですが「見始めたばかりです」の「です」は、I just began to watch Yukki’s DVD. →began(beginの過去形)で一般動詞になるなと思ったり… このあたりは日本語指導を勉強すると、解説できるようになるかもしれません(励みます♪)

 

↓とお答えしていたら、日本語関連でこんなご意見も!

Howdy. いつもお世話様です。

自分なりの解釈なので間違っているかもしれません。

私は、日本語の「ある、いる」の前の文字が重要ではないかと思います。

これらの前に「は、が、に」があったら存在で、しかも「は、が」と「に」は、日本語も英語も文構造が違います。

存在(第一文型SV)
beの意味 ~にある、~にいる ~がある、~がいる
~はある、~はいる
日本語例 猫が屋根の上にいる 屋根の上に猫がいる
屋根の上に猫はいる
英訳 A cat is on the roof. There is a cat on the roof.

原因、理由、根拠を表す日本語は、昔「~なのである」とか「~のである」と言われていたのが、現代では「~である」とか「~でいる」に変化したのではないかと思います。

状態(第二文型SVC)
古語 現代語
beの意味 ~なのである、~のである ~である、~でいる
日本語例 彼は病気なのである 彼は病気である
英訳 He is sick.

やはり英語を説明するには、日本語を十分に理解することが重要ではないでしょうか

 

先程の質問の解答のヒントになるような貴重な資料をありがとうございます!be動詞=「ある、いる」だということは辞書を引けば出てくるし理解されていることも多いけれど、その前に「は」「が」「に」がくっついている、というルールのようなお話ですね。このご回答をいただいて思ったのは、日本語を学習する人が存在を表す文や「が」「は」「に」をどう捉えているのか?どのように使い分けを習っているのか?そしてそれを習うときに、英語のbe動詞は引き合いに出されているのか? このあたりをぜひ学んでみたいと思いました。おもしろいですね〜!!

 

きーさん

be動詞は、動ない。

は、いいですね。、非常に明確に、

本質を捉えられるような気がします。

 

ありがとうございます^ ^事実など「動かないもの」を説明するときに使える、という一文に対してのご感想ですね!

 

不適当な言葉を使うと思いますが、be動詞は主語と主語の状態を示す言葉〔名
詞、形容詞など〕をつなぐ“不完全な動詞”だと思いますが、これは点になる
でしょう

これは、100点ですね…!今回、このお題を出させていただいたあとで私も、英語でも調べ直したところ、be動詞は「irregular verbs(=不規則動詞)」の一種だという定義づけも見つかりました。amになったりisになったり、areになったり、were、wasになったり…色々と姿をかえるので不規則動詞、ですが、…あ、不完全とはちょっと違いますかね?^ ^;

完全か不完全かでいうと、beはbeひとつだけで動詞として機能して、しっかりと役割を持っているので「完全」のほうかな?と私は思います。不完全な動詞があるとすれば、助動詞とかどうですか?助動詞だけでは使うことができず、動詞にピタッとヘルプとして加わることによって、文全体の意味を持ち上げる、みたいな・・・

 

 

be動詞は、宇宙と私たちをつなぐフック。
宇宙が鏡なら、それはどううつるかな、と。
私は40歳だし、あなたはきれいだし、
これは水かな、酒かなって。
宇宙の大きな空間、時間の中で
私たち、私、この社会はちょびっとで
一瞬だろうけれど、be動詞があるから
存在するのかなあと思うのです。

 

この文章、何度も読ませていただきました☆ 銀河鉄道999や、銀河鉄道の夜、星の王子さまのような絵・世界観を想像しながら読ませていただきました。「つなぎ」というキーワードは、be動詞を引くといろんなところで目にすることが多かったのですが「フック」という表現は初めてでした、素晴らしいと思います!すべてをフックのようにつなげて、存在させている大切な動詞。be動詞を入れてあげることによって、個として漂っている単語(名詞や形容詞)が形あるものとして初めてしっかりと存在できる、そんなイメージかなと解釈させていただきました。ちょっとピノキオも思い出しました。

 

英会話初心者ですから、お答えのしようがない、、、。

こんな質問スルナ、、、が本音ですけど、、、

でも、netで数か所、見てみると、、、

My brother is playing baseball. (進行形; isは助動詞)
Taro was loved by his friends. (受動態; wasは助動詞)
She has gone to New York. (完了形; hasは助動詞)

、、、なんて説明見ると「今度は助動詞に変身ですか?」、、

余計に混乱してしまって、、、英語脳混乱、、、

It’s too changed to follow.

(変化し過ぎて、ついていけない)上記の

変化しなくてもついて行けない現状ですけど、、、。

再び、変な質問で混乱させるな、、、と思いました。

ここからは俺的に、、、私的には、、、

「be動詞とは英語を複雑にして学問として成り立たせ、英語教師の

存在価値を高める壮大な使命を持った動詞である。」、、、これを

私だけの定義にしたいと思います、、、。

※I am  Yukiで Ibe  Yukiでは何か困ることがあったんでしょうネ?

、、、きっと、、、と想像するだけです。(マズイ、ヤバイ、ドナイショの世界)

 

そんな質問に、答えていただきありがとうございます(*^^*)!!

 

>My brother is playing baseball. (進行形; isは助動詞)
>Taro was loved by his friends. (受動態; wasは助動詞)
>She has gone to New York. (完了形; hasは助動詞)

 

特にこの3文、本当にありがとうございます!今回初めて知ったのですが、進行形のisなども、be動詞。と言っていいそうです。be動詞=3語で構成されるものだけを表す、と思い込んでいたのですが、どうやらそうではなく、be=am、is、are、were、was、been、beingなどの原形、らしいです。(定義付けを調べると出てきます)最後のは、もしかしてShe has been to New York.ですかね…?

 

「一億人の英文法」(東進ブックス)p72、p73に明解に書いあります。be動詞は“意味のない「つなぎ」”A=Bの=の役割だけで、「いる、ある、なる」と訳すとぴたりくる場合があるが「be動詞には存在や変化を表す使い方がある」と考ええる必要はありません。「存在」を積極的に表す使い方は現代英語ではむしろ❌でJohn was(ジョンがいた)という使い方は❌と書いあります。

 

ありがとうございます^^一億人の英文法、私も引きました!大西先生の解説では「意味のない」つなぎ、というところがポイントですよね。確かに「存在」「存在」言いすぎるのもちょっと違って、be動詞自体にはそこまで大きな「意味」はない。しかしその役割(つなぎとしての役割。なぜ「つなぎ」として機能できるのか、その理由)を理解したいというときには、be=ある、いる。存在を表す、という観点も少しはあっても良いのかなぁとも感じました。

 

① ビデオら  be 動詞

主語と目的語(補語)をイコールで結ぶもので
人称によ am ・ are ・ is 等で結ばれます。

② カンニング 古い辞書らは

be動詞は am, are, is, was, were, been, beingの
原形で、これらを総称し「be 動詞」といいます。
と書いある。

また be 動詞は主語と結びつい、I’m、You’re、He’s、It’s、We’re等に
しばしば短縮されます。

また be 動詞は、主語の人称と時制にによ、変化した形で使われる。
と書いあります。

③ PCらは

be動詞は主語がなんである説明

それ以外の一般動詞は主語のどんな動きした表す。

書いありました。

> 「be動詞」説明、思いついたものがあたら
> ぜひこのメールまでご返信ください。

思いつないのでカンニングしたものです

思いつくのは授業で一番初めに習動詞

I am boy .      いまどき使わないと思う
This is pen.

「be動詞」の説明にはなりませんね

 

3点も、まとめていただきありがとうございます!特にこの「カンニング 古い辞書から〜」の部分が、とっても参考になりました!今回、この企画を行って私自身勉強になった(ウロコがとれるレベルのびっくり度)のはbe動詞=am、is、are、were、wasだけではない、というところでした。【人称と時制によって、変化した形で使われる】という一文もすごくわかりやすいですね!

 

文中にある。
・存在、状態を表すときに使う
> (beは「~である」「~でいる」という意味)

と思います。

 

ありがとうございます^^やっぱり存在・状態はわかりやすいですよね♪ でも今回いろいろ考えさせられました!

 

参考3:ユッキー愛用の参考書より

全部で、4冊引いてみました!

ロイヤル英文法(p.385)

「存在する」(=exist)
「いる,ある」場所を示す

 

一億人の英文法(p72-3)

意味のない「つなぎ」
*省略されることもある
You liar!
Everything OK?
感情が激昂したとき、手短に切れよく発言したいとき

 

ビッグ・ファット・キャットの
世界一簡単な英語の大百科辞典(p.24、25)

A=B 説明の文

 

ENGLISH FOR EVERYONE
ENGLISH GRAMMAR GUIDE
「LINKING VERBS」の項(p.131)

Linking verbs express a taste of being or becoming.
They link a subject to a complement,
which renames or describes the subject.

 

最後に引いた「ENGLISH FOR EVERYONE ENGLISH GRAMMAR GUIDE」のlinking verbという表現はすごくわかりやすい気がしましたね。=でありつなぎでもある。あと少し興味深かったのは、ロイヤル英文法では「存在」推しなのに対して、大西泰斗先生の「一億人の英文法」ではどちらかというと存在度を否定している点です。このあたりについては今後の課題に…♪

 

 

結論:説明方法がありすぎる

「be動詞、一言で説明するなら?」の答えを導き出すため(一言の説明文を作るため)に、今回の記事を書いてみたのですが、結局、一言で決定づけることはできないな…( ̄ ▽  ̄)というのが私の結論です。ずっこけるような結論ですみません、、笑 でも「私ならこうやって説明する」という一言は持っておいた方が良いと思います◎

ユッキーの場合は、

やっぱり【be動詞はイコール(=)】と説明しますかね!

 

でもそれだけだと、be動詞の重要性や役割が伝わらないので・・・

こんなことの説明に使えます、これだけカバーできます、ということも加えておきたいですね。

 

他にも、

 

・「つなぎ」派

・「am、are、is、were、was、been、being」のことだよ、と言う派

・「存在を表す役割」派

 

いろんな説明方法があって良いと思います。

 

ヒントになっていれば、嬉しく思います!

*ちなみに私のお気に入りの英文法は「現在完了形」です。

 

コメントもぜひお気軽に〜(*^^*)↓↓

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ユッキー先生の英語の時間の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ユッキー先生の英語の時間の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメント

  1. 北山真美 より:

    くちばしが黄色くて体が白いのはアマサギで顔のあたりが赤くて尾のところが黒いのは何だろうなあ。シンガポールにいる鳥をネットで見たら日本では見られないような鳥がいっぱいいるんですね。平井堅さんのライブがニューヨークであって8月の終わりに行ってきましたがその時は英語と思ってCDを買って聞いていたのですが向こうで全然通じなかったので英語熱が冷めてしまいました。ユッキーさんがメールくれるので見ていますが・・・・出かける前に本も買ったのに行方不明で出かける前にどこに置いたのかわかりません。またやりたくなったら始めますね。テレビで聞いているのわかるときもあるので話せるようにったらいいなあとは思います。

  2. 匿名 より:

    素晴らしい。

コメントを残す


ほかの記事

  • 【1月2日ニュース】神輿=ポータブル神社!?

  • 【1月1日ニュース】天皇即位は英語で?

  • 【2018年大晦日】私の一年を英語で一言企画、全160フレーズ大公開

  • 【ご参加者受付中】1月2日〜4日、大阪で新年会行います!

関連記事

  • 英訳すると絶対間違える。「ピカチュウ、キミにきめた!」どう訳す?

  • 「〜させて」と訳すのは間違い?Let me〜が背負う、果てしない優しさ。